top of page
  • 執筆者の写真ソフィア バンコク

MTF〜ルックスクリニック滞在紀【Sさん】

陰茎陰嚢法でのSRSのため渡航したSさん。

12/10

夕方にタイに入国しました。

スワナプーム空港で合流して、生活費を換金してから浣腸2個と夕食を買ってホテルへ!

この日はゆっくりと過ごしてもらいました。


12/11

朝はホテルの朝食バイキングで食べてもらって

11時に合流してからrama9病院に行って、タイ人精神科医2名からのGID診断書を取得しに行きました。

患者登録をして、精神科病棟で2名のカウンセリングを受けます。そんなに細かいカウンセリングではありません。



「何歳くらいに性別違和に気付いたか」

「何歳くらいから髪や服装を変えたか」

「幼少期はどんな遊びをの好んだか」

「ホルモン歴、持病、精神疾患のありなし」

「身内や周りの人でSRSに反対する人はいるか」

などのよくある質問を5分くらい受けて終わります。

この日は空いていて1時間くらいで終わりました!

ちょうどお昼時でしたが、朝食バイキングでいっぱい食べて、お腹は空いていないって事だったので手術代、生活費、ケア用品代などを換金しました。




円安がなかなか改善しないのが辛いですが(^◇^;)

余裕をもって90万円を変えました。

↑Sさんんはホテル代が現地払いだったので、両替にホテル代も含まれています。

ルックスクリニックに手術代を振り込んでから、スーパーでご飯を買ってホテルに戻りました。

手術前日なので、朝晩に自分で浣腸してもらいます。

そして夜は深夜0時に飲食停止です。


12/12

今日は午後から手術の予定だったので10:30にホテルをチェックアウトして、退院後に使うケア用品と帰国してから使う分のジェルとかを先に購入しました。



ホテル滞在期間中の消毒は自分で行います。

トイレの後も食塩水で患部を流して下さい!という指導なので5本買いました。おそらく追加で必要になりそうですが、とりあえずこの日に買った分は4,420バーツ(約18,000円)でした。




11:45くらいにルックスクリニックに到着しました。

現在は先生が日本に講演会に行っていた事もあり、入院中の患者さんはいませんでした!

剃毛など術前準備をして、お部屋で待機です。

14時にオペ室へ行きました!

〜補足〜

ルックスクリニックでオペをする方は、シャワーがないのでホテルをチェックアウトした日が最後になります。反転法、陰茎陰嚢法の方は手術当日にクリニックに行くのですが、S字結腸法の方は前日に入院になります。

そこから退院でホテルに移るまではシャワー出来ないので「シャワー1週間以上も浴びれないのは耐えられない!」って人には不向きです( ̄▽ ̄)

シャンプーはシャンプー台があるので、患部に問題が無ければ5日目くらいに洗ってくれます。

清拭は患部の状態や痛みによりますが、3〜4日目です。消毒も翌日からではなくその頃から始まります。




オペ室に入って、手術台に寝転んだら点滴からの薬剤投与とマスクで麻酔がかけられます。

マスクをされたら深く深呼吸を繰り返すとすぐに眠ります。




無事に麻酔が掛かったのを見届けて、あとは先生や看護師さんたちにお任せです!

手術終了の連絡が入ったのは20時半頃でした。

電話越しで手術が無事に終わった事、痛み止めの投与について、飲食についてなど伝えましたが、意識が朦朧としていて本人の記憶には残らないのでLINEメッセージでも送っておきました。




〜1日目〜

翌日のお見舞いに行った時は、やっぱり昨日の記憶は何もないそうで、自分が気がついた時はもう朝方だったみたいです!

1日目はまだ飲食禁止です(反転、陰茎陰嚢法の場合)。

定期的な痛み止めの投与で寝たり起きたりを繰り返している感じです。

時間が過ぎるのが早く感じるし、暇との戦いがないので寝れてるのが1番いいことです。



〜2日目〜

お水とジュースを貰えました!

まだ時々、痛みがあるみたいで痛み止め投与してもらってよく眠れています。


〜3日目〜

だいぶ痛みも治って、点滴を外してもらって錠剤の薬に切り替って、食事もお粥とかスープが出ました。

持ってきてたSwitchでゲームもできくらい回復しました。


〜4日目〜

患部を保護していた固定と血液ドレンが外されました。ここから初めて患部の消毒が始まります。

傷の方も大きな問題は無かったので、シャンプーしてもらえました!

お茶とチョコが欲しいって事で買ってきました!




5日目、6日目〜

ゲームをしたり寝たり起きたりとのんびり過ごしています。消毒は夜の1日1回のみです。

食事もお粥、チャーハン、パスタなど普通食になってきました。

他院では反転法や陰茎陰嚢法では食事制限はほとんどありませんが、術後すぐに大きい方がしたくならないようにするためにルックスでは控えめな食事を出しています。


〜7日目〜

やっと退院の日になりました!

ルックスクリニックでは尿トレーニングがありません。

朝にカテーテルを抜いてから水分をたくさん摂って、排尿の確認を数回する感じです。

朝からカテーテルを抜いて、ちゃんと問題なく自力で排尿できたので退院許可が出ました!

15時には退院してホテルへチェックインしました。




今日からホテル療養生活です!



8日目〜13日目

のんびりとホテル生活で療養をします。



朝は朝食バイキングを食べて部屋に戻りシャワーして患部の消毒!




毎日お昼頃に様子を見にホテルに伺って、一緒に近所にスイーツ買いに行ったりお茶したりして、夕食は基本的に自分で歩いて好きなものを食べています( ◠‿◠ )

総合病院が徒歩1分のところにあるので何かあっても安心ですし、病院の中に飲食店が数店入ってます!

スターバックス、パン屋、カフェ、バーガーキング、インドカレー、日本食、タイ料理、セブンイレブンなど

徒歩圏内に色々とあるので便利です✨

S字結腸法だと食事制限があるので食べれるものも限られてしまいますが、充実していて散歩だけでも楽しいみたいです!




ホテルの屋上にはガーデンスペースがあって、本読んだりゲームしたりと部屋から出てものんびり出来ます。でも日中はめちゃくちゃ暑いので長時間は居られないですが

夜にライトアップするので、陽が落ちてからゴロゴロするのがおすすめ⭐︎

「何かあったらすぐにラインしてくださいね」と伝えていますが、1人時間を満喫し過ぎてているのか、ほとんど連絡来ないです( ̄∇ ̄)




そんな感じで退院後は療養が目的なので、患部ケアをしながらゆっくりと過ごしてください。

有料ですがホテルの一階に洗濯室も完備しています。


洗濯機100バーツ、乾燥機150バーツで各50分です。

受付でお金渡して専用コインに変えます。1回分の洗剤と柔軟剤ももらえます!

機械が大きいので、残り1枚になったらまとめて

洗う感じがいいかもです。


〜14日目〜

いよいよダイレーションの指導が始まります。

朝食を食べてから、ルックスクリニックへ行きました。

ナースにダイレーションの仕方をレクチャーしてもらい、自分でもダイレ棒を挿入してケアルームで30分ほどケアします。

先生の最終検査も受けて、傷に問題は無しでした!

その後にホテルに戻って、夜は自分でダイレーションをします。


もしここで上手に出来なくても大丈夫です。

また不安な場合は翌日に再度ルックスクリニックに行って指導してもらいます!

2回教えてもらえたら、ほとんどの方はマスターします。

3日間ほどホテルで自主ダイレーションをしてから帰国です。

あとは帰国後にダイレーションケアを頑張ってもらう感じです!

ガモン病院は退院後も帰国までホテル内にあるダイレーションルームでナースがケアしてくれます。

ガモン病院以外で手術を受ける方は、基本的に退院後は自分でケアをしなきゃいけないので、血が苦手な方や痛みに弱い人、サボり癖がある方などには適していません。

Sさんは1回の指導でちゃんと消毒もダイレーションも上手に出来て優秀でした!!

術後2週間で感覚が戻ってきたようで痛みが出始めたみたいですが、なんとかダイレーションもこなして

無事に帰国することが出来ました(o’∀’人)



年末で空港も混んでいたので車椅子を利用しました。

帰国後もしばらくはお休みみたいなので、ゆっくり自分のペースで頑張ってください。

ありがとうございました♪

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page